SSブログ

同伊-インタビュー [∟インタビュー記事]

ヒョジュのインタビューが掲載されていました[かわいい]
同伊に対する意気込みが伝わってきます(*^^)♪
一時期はチュノの出演を残念がっていたオンニですが、
結果的に史劇にチャレンジして主役を掴んでくれたので嬉しいですね[黒ハート]

SSI_20100411171356_V.jpg

☆NATEの記事より
http://news.nate.com/view/20100412n00970

ハン・ヒョジュ“キャンディ専門俳優ですって? 中年演技期待して下さい!”

春がきても相変らず涼しい気勢が漂う京畿(キョンギ)龍仁(ヨンイン)ドラマ撮影会場で会った
ハン・ヒョジュ(23)はいつのまにか韓服をきれいに着飾った東夷に変わっていた。
‘きらびやかな遺産’の明朗快活な‘キャンディ少女’故殷盛は影も形もなかった。
彼はMBC月火ドラマ‘東夷’でタイトルロールを引き受けてデビュー以後初めて正統史劇に挑戦中だ。


●‘東夷’でタイトルロール引き受けて

“妻音にはなじみがうすかったどことなく奥ゆかしい撮影会場の雰囲気や
漁色するばかりだった韓服も今はたくさん慣れました。 まだ奴婢身分だと語り口も現代劇に近いよ。
史劇は服や頭を一度すれば交換しなくてずっと撮影するから気楽なことのようです(笑い).”

2年前フュージョン史劇‘日チメ’に出演した経験おかげで思ったより
はやく適応できたというハン・ヒョジュ. しかしまだ演技は難しいだけして,
キャラクターに完全に適応するまで長い間の時間がかかると打ち明ける。

“本来整えなかった自然な延期(煙,演技)を追求する方です。
映画も‘ジュノ’や‘リトル ミス サンシャイン’のようにわずかで日常的な雰囲気の作品が好きだよ。
ところで史劇は特定の延期(煙,演技)のテクニックが必要なジャンルじゃないの。
視線角度と動くタイミングまで気になるから,する私もぎこちなくて
適応するのがさらに難しかったんですよ。”

‘東夷’は彼をスターダムに上げた‘きらびやかな’のコ・ウンソンキャラクターと延長線上にある人物だ。
明るくて明るくて銃器があふれる東夷は奴婢出身で拝見して監察府女官で能力を発揮する。
後日朝鮮19代王粛宗の後宮(スクウィーン チェ氏)になって英祖を産む。

“時代だけ過去に回しただけであって東夷は‘朝鮮時代キャンディ’のような人物だと考えます。
コ・ウンソンが荒っぽくてさわやかな魅力があったとすれば東夷は清楚ながらも進取的な人物でしょう。
明るくてりりしいキャラクターは大変な社会に少なくとも力を集中すると考えます。
‘きらびやかな遺産’以後肯定的な影響を及ぼす演技者になろうと決心しましたよ。”

●東夷は‘朝鮮時代キャンディ’

‘キャンディ専門俳優’に定着するのではないかという質問を投げたところ
“まだ似た人物は二つの作品しかしなかったし,主体的な女性像を描いた作品が
最近増えたため”というぴったり折れた答が帰ってくる。

実際ハン・ヒョジュは顔もたくさん分けてしまうことも多くない方で
ドラマの中‘キャンディ’とは多少距離がある。

“俳優になる方法は夢にも思えませんでした。 幼かったときに美しいという声も
別に聞いてみることができなかったんですってば。 高等学校時期夏休みの時
好む芸能人の所属会社ホームページに入って偶然にモデル選抜大会公告を見て
受験(凝視)したのがここまでくることになりました。”

評犯した人生を夢見た清州(チョンジュ)の女子高生には以後多くの変化が起きた。
2005年シチュエーションコメディでデビューして翌年ドラマ‘春のワルツ’女主人公で
電撃抜擢されたが,からだに合わなかった服を着たように漁色するばかりだったという
彼は昨年視聴率40%を突破した‘きらびやかな’に会ってしまってからはじめて演技が楽になった。

‘東夷’は韓流ドラマ‘大長今(テジャングム)’と‘ホ・ジュン’を演出した
‘史劇の代価’イ・ビョンフン監督作品だ。 一部ではハン・ヒョジュをイ・ヨンエと
チェ・ジウの後に続くスターに選ぶ。 先月30日日本で放映終了した‘きらびやかな’視聴率が
昼間時間帯ドラマでは異例的に高く出てきて内外の雰囲気も良い。

‘東夷’は序盤視聴率が多少振るわなかったが去る5日成人駅のハン・ヒョジュが
加勢して本格始動がかかる様相だ。 ‘ハン・ヒョジュ効果’として周辺では
興奮するが彼は相変らず物静かな姿だ。

● ‘きらびやかな遺産’は贈り物,‘東夷’は宿題

“‘きらびやかな遺産’が私に贈り物だったら,‘東夷’は私の前に置かれた
‘宿題’のような作品です。 新しくて難しいもう一つの挑戦であるだけに
内面的でも演技経験でも多くのことを感じて貰いたいです。
劇中で10代から50代まで変わる自分の姿が私自身もとても気になります。”

負担感を後にして黙黙と撮影会場に帰るハン・ヒョジュ. 年齢にふさわしくない
毅然とするということがすでに半分の成功を予約したように見えた。

以下略。

イ・ウンジュ記者erin@seoul.co.kr


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

nice!の受付は締め切りました

コメント 0

コメントの受付は締め切りました

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。